神戸は快晴続き!

神戸・三宮
09 /28 2011
昨年の役員仲間と、、機会があればランチタイムをするのだけど、、、

何せ時間配分の下手な私はいつも参加できず、、「行ってらっしゃ~い!楽しんできてね!」というところなんだけど、、今回は、私の都合に合わせて予約する~~なんて事に。。。

でもランチする時間はないよぉ~~という事で、お茶を、、、海の上でという話が決まった。

そこで、、出かけたのは!

conzsoto1.jpg
神戸駅から歩いて5分のハーバーランド

これから乗船という事らしい、、、実は数年前にも、そのもうちょっと前にも乗ったことがあるので「うぅ~~ん」な気分だったけど、予約してくれた人は、「ゆっくりお喋りしよう!」とここにしてくれたそうで、久々の乗船。

conz3.jpg
乗船するのはモザイクのところから朝、昼、夕と出航している「CONCERTO」
一応乗船手続きというのがあり、待合室で待つ事に
待合室にはこんなものが、、

      conz1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

ジュリエットからの手紙

神戸・三宮
06 /07 2011
という、、甘い、おいしい、爽やかな、そんな気分にさせてくれる映画を見に行った。
映画は、、、感動!

          originala.jpg

三宮から旧居留地に向かう途中にあるシネリーブルでやってる以外は大阪で2箇所と、関西では3ヶ所だけという事で、一番近い三宮に行った。

シネリーブルの入っているビルの1,2回のホールは毎年ルミナリエの会場になっているところで、下層階は重々しい古い建築風になっていて、その上に近代的なビルが乗っかっている感じの面白い建物。
これは旧神戸証券取引所だったものを復元したものらしい。

     kobekyoryuu.jpg(画像はHPから借りてま~す)

神戸の町並みは場所に余裕があるのか、、やっぱり田舎なのか。。すっきりしているというか、歩いていても気持ちがいい。
海の香りが漂う日もあり、、緑の山がくっきり見える日があり、、狭くて箱庭みたいな町並み。

kobe64a9.jpg

神戸まつりも終わって、、何となくひっそり神戸らしい。

旧居留地をぶらぶら歩いてから、、、夕方に近かったけど、映画が終わってからBISTRO64カフェへ。。。
         

続きを読む

今どきの図書館

神戸・三宮
03 /02 2007
今朝は早くから神戸で一番大きな中央図書館の視察見学に行かせて貰った。
開館前だったのに、すでに列が出来ている。人気なんだろうか。
館長さんと少しお話をして、内部を見せてもらう事になった。

神戸市には11の図書館がある。
凄いと思ったのは蔵書の多さもさる事ながら、電話帳、雑誌、地図が古くは明治からのが年代別に揃えられている事。

明治の電話帳は1冊が「神戸・大阪・京都版」と書かれている。それだけ電話は特殊な持ち物だった様だ。

中央図書館の地下に松本文庫、吉川文庫があり、膨大な書物が機械化された棚に保管されていて、中国文学を研究してきた人にしかわからない様な漢文だらけの書物が揃っていた。
4階にも青竹文庫というのがあり、韓国の書物が揃っている。
それぞれ、個人が市に寄贈したものだそうだ。

今はネットで『ゆにかねっと』http://unicanet.ndl.go.jp/psrch/redirect.jsp?type=psrchを開き、読みたい本の題名か著者名のどちらかを入力するとどこの図書館の棚にあるか、貸し出し中かがわかる様になっていて、予約すれば全国(たとえば北は北海道から南の九州まで)の本を読む事が出来、最寄の図書館に送ってこられるのだそうだ。返却も最寄の図書館の返却ポストに返せばいいとの事。

本には区ごとにマークがつけられていて、どこの図書館のモノかがわかる様になっている。資料室ではそれらの返却作業をしている人が黙々と働いていた。
この作業は兎に角重労働なのと、根気のいる仕事。
学生の頃、某紀○○国屋書店でアルバイトをしていた頃を思い出してしまった。
膨大な量の書物を片っ端から整理整頓をしていく大変な仕事。

豊中市の図書館事情に比べると神戸市はまだまだと言う感じもするけど、港町なだけに、洋書も沢山揃っている。

新聞も各誌のが明治から揃っている。
震災の時、三宮の駅前の新聞会館あった神戸新聞社は資料の大半を没にしてしまったけど、中央図書館の貯蔵品を逆コピーして渡してあげたという事だった。

最寄の図書館がさほど大きくなくても、「ゆにかねっと」を開いて色んな本を取り寄せて楽しむべきだと感じた。

亥年の震災記念日

神戸・三宮
01 /17 2007
あれから12年経った。
早い!

世間では記憶が薄くなってきている阪神淡路大震災。
でもこの辺の人はいまだに、何かの話の流れで「あの時どないしてはったん?」「あの時は埋まってたけど、、、、」とその時の模様をみんながすぐに思い起こしてしまう。
丁度亥年の災害で、当時母は「亥年は大きな災害が起こるんやね」と話した。
そういえば、、、関東大震災も亥年(大正12年)あと伊勢湾台風の大災害も亥年。

今年も亥年、、、揺れ動く年になってほしくないなぁ~

そんな事を考えながら今朝から豊中の家のクリーニングで10時間もの間、窓を開け放して寒い一日を過ごした。
業者の人に入ってもらっての大掃除!
その間に私はゴミを運び出してゴミ分別作業!

寒いのと、分別作業の大変さですっかりお疲れモード。

途中業者の人に「ちょっと出てきます!」と外出!いつものスーパーに行くと学校のPTAの遠足などで一緒に行った事のあるNさんとばったり出会った。
「寒そうな顔をして。。。」なんて言われて、ボサボサの疲れきった自分の姿を想像した。
お茶でも、、、と言う事になり、お茶とケーキを食べながらなんかホッとしたつかの間の時間を持てた。

「頑張るね!」と彼女に言われ、「頑張らない生き方って大事だよ」とも言われ、、、妙に納得(笑)
すっかり心もお腹もポカポカになって、、、残りの作業をした。

家に着いたら、、、、午後9時前。。。

近所の公園で行われた追悼会にも行けず、一日冷たい雨の中を寒さに震えて動いた。
今日が祥月命日として親戚で集まっておられる近所の人も沢山いるのだけど、冷たい静かな一日だったみたいだ。

12回目のルミナリエ

神戸・三宮
12 /12 2006
rumina064a.jpg

昨夜は某所の忘年会!
あんまり行きたい気分じゃないんだけど、数ヶ月も前から幹事さんがあれこれ考えて抑えてくれていたし、元気あふれるパワーの持ち主ばかりなので、、パワー不足の私も参加させてもらった。
場所は神戸港を見渡して、六甲の山をも見上げられる海岸通りの『梅の花』
豆腐ずくしの湯葉ずくし・・・

騒ぐの大好きって人が数人いて、乗りに乗って大声で歌いだす始末。
店長みたいな人が入ってきてなんかしきりに言ってるなぁっと思ったけど、聞こえない、、、、

よ~~く聞いてみると、、、(◎-◎;)

「お静かにしてください!他のお客様もおられます・・・」

ガ~~~~~~ン!ハズカシイヨォ~

まあいいかぁ~と最年少の私はただただニコニコと写真を構えてひっそりしていた(いつもの様に・・・・)
rumina066a.jpg

帰りは港から三宮まで歩いたけど、どこもルミナリエ規制で警官やガードマンだらけ!
ちょっとズルして途中から割り込もうと思ったけどそんな雰囲気でもなく、トボトボ歩いていたら、ちょっとした隙間がありそこから入る事にした。

みんなの流れとは逆なので、結構よく見えて、終点の広場に到着!
rumina069a.jpg

地方からの団体客が旗を先頭にバスから降りて写真の撮りまくり、、、私も今年の灯りも撮っておこうと一番見晴らしのいい高台(行った事のある人は知ってるだろう、、、あそこ!)に行きパシャリ!

12回も続くとは思わなかったけど、厳かな鎮魂の曲が流れ、時折みんながかわるがわる打つ鐘の音が聞こえると、グッとした気持ちになる。
忘れてはいけない大きな災害を思い起こす。
美しく輝くルミナリエがずっとずっと続いて、いつまでも忘れてはいけない灯
ずっとずっと守っていきたい灯りだと思う。
rumina062a.jpg

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪