ガ~~~ン

映画
05 /24 2006
と音が出そうな落ち込み!

夜見たかった映画のレイトショーに行った。

『明日の記憶』という渡辺謙主演作品。
asunokioku.jpg

広告代理店勤務で猛烈に働く主人公が若年性アルツハイマーに犯されていき、妻がそれを支えていく。。。そして支えてくれる妻をもわからなくなるという作品。

見ていると、途中から何故こんな映画を選んだろうと思うほど映画の中での主人公の姿が強烈だった。
大滝秀司という名脇役の役者さんが昔から好きだったのだけど、今回も凄くいい味を出していた。

今の記憶が一つ一つ消えていくのを、まだ全部を病気に冒されていない僅かに残った自分が、一つ一つ落胆したり、情けなくなったり、妻に暴力を振るったり、暴言を吐いたりしていく。

人は誰でも死があるんだけど、その時までどんな風に生きていくのか誰にもわからない。
若くしてあっけなく死んでいく人もいれば、寝たきりになってもまだ頭が冴えて、死を待つ人もいる。

アルツハイマーは最近では20代、30代でも起こりうる病気だと映画の中で説明していた。
その病気を見つけ出す段階で、ちょっとした物忘れ、ど忘れ、人の名前が出てこないという症状が見え隠れしていた。

それって・・・私もあるやん(≧ε≦)
名前もすぐに出てこなかったり、何を取りにきたんだっけ。。。なんて元いた部屋に戻ったり・・・(;´Д`A

そうならない予防として、食事を繊維質のものに変えて、手先を動かす趣味を持って・・・と妻役の樋口可南子が言う場面があった。

自分が壊れていくような錯覚さえ覚える怖い作品だけど、それを乗り越える力、愛情に感動する映画だった。


スポンサーサイト

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪