引っ越し荷物

我が家
10 /14 2017
バスルームのリフォームや、私が東京に行くなどがあったので、娘の引っ越し荷物をずっと運送会社に預かってもらっていたけど、早く受け取らないと行けたいのでと引っ越し荷物を受け取る日をやっと決めた。
今回の横浜からの荷物は3つに分けられ、一つはオランダへ一つは会社のトランクルームへ、残りの荷物は我が家にと言う事になり、我が家も大邸宅でもないので、その荷物を母の稽古場にしていた舞台に置けるように、いらないものを処分した。
荷物が入る日は大変だからとパパのご両親が王子たちをアンパンマンミュージアムに連れて行ってくれる事となり、朝早くにお迎えて来て下さった。ありがたい話。
娘はいろんな荷物を3階の舞台の部屋に運び、2階の自室には今使うものを整理して、どうにかこうにか片付いた。
              yotalunch17101.jpg
王子とやんちゃ姫のお弁当を持たせて、なるべくご両親の負担にならないように娘も気を遣っていたみたい。
美味しく食べるのかな

続きを読む

スポンサーサイト

タイル風呂からユニットバスへ!

我が家
10 /07 2017
孫たちが来ているのにお風呂の工事はまだ終わらずで、2日間は近所のお風呂屋さんに通った。
オムツをしている子も入れるのか心配したけど、OKだった。。。。へ?って事はいろんな赤ちゃんも入っていたんだ。。。。(^^ゞ

母の好みでオーダーしたお風呂は母の大好きなパープル色でまとめていた。ユニットが嫌いな母はタイルがいいと全面タイル。。。それがどれほど寒いか、、、子どもたちに言われるまで気づかなかったけど、工事をする事に決めて本当によかったなと思う。
震災後に建てた家のお風呂に最後に入った私は、ず~~っと色んな思いを振り返ってみた。
母とTOTOのショールームに行って、この色!この形!と母の願いをすべて入れて決めたお風呂、母はこのお風呂をどれだけ楽しめたんだろう。震災後2年で出来上がった家、亡くなるまでに3年。その間も何度も調子を崩して実際にお風呂に入った回数は少なかったんだろうな~
ある日、お風呂場で母を見たときげっそり痩せている姿に驚いたものだ。
何とかこの贅肉なくならないかしらと自分の贅肉をつまんでいた母が一年後からは体調がかなり悪くなり、どんどん瘠せていった。
私も一時期痩せた時期があったけど、とても嫌だった。
父も数年前に脳梗塞になって以来、ヘルパーさんに手を取って貰って入るようになっていた。
色々色々、、お世話になったお風呂
ありがとうと心から感謝。。。。そして使っていたものをすべてバスタブに入れて漂白。。。最後の日まできれいなお風呂だった。
           bath01.jpg
タイルを壊し、床のコンクリートを壊し、すごい形になっていった。音もすごい、、ご近所様ごめんなさい!
           bath02.jpg
約束では9月中で出来上がる筈が、なんと10月入ってもこんな状態では。。。と建築屋に文句タラタラ

そしてやっと出来上がった。
           bath03.jpg
きれい!と孫たちは大喜び。。。でも王子はまたお風呂屋さんに行きたいらしい。
また行こうね

ゴールデンウィーク (その2)

我が家
05 /13 2017
わが町はだんじりが結構よく出てくる。ゴールデンウィーク、や敬老の日や、秋祭りの頃など、、、
でも一番賑やかなのはゴールデンウィーク。
祭囃子が大好きな私は小さい頃からだんじりについて回るのが大好きだった。
と、言う事はいままで住んできたところは結構だんじりを持っているという事になる。
特に中学時代から社会人になるまで住んだ尼崎はだんじりがとても人気。
私は宮入まで付いて行って、最後に乗ってる男の友達に頼んで乗せてもらったりしたが、家に帰ると祖母が女は不浄だからだんじりなんか女だてらに乗ってはダメとしかられたものだ。不浄???なんで?
ここ神戸のだんじりは比較的おとなしくて紳士的
               danjiri4a.jpg
この小路のだんじりは前で女の子が乗っていてダンスをしていた。。。なんで?女は乗っていいの?なんて思ってしまった。
               danjiri171a.jpg
中野のだんじりが休憩で家の前の公園にもどってきた。中野のだんじりは上品って。。。身贔屓?
パパはだんじりがお気に入りの様で出かける前なのに、ゆっくりだんじり鑑賞
               danjiriall1a.jpg
千里の方はなかったから、パパの住んでいた箕面もないのだろうなぁ
来年からお祭りはみなさんおよびするかぁ?
               danjiri3a.jpg
不思議なくらいに雲ひとつない好天気に恵まれ、青空にだんじりがよく似合うと初めて感じた。
               danjiriall2a.jpg
いりりんはお外の雰囲気の中でもすっかりオネム、
上の娘もちょっと立ち寄ってくれた。よかった、よかった、みんなでだんじりをバックにパチリ!3姉妹と子供たち、、、って厚かましいかしら(笑)

続きを読む

紫陽花が咲きました!

我が家
05 /28 2016
我が家のちいさなお庭には大輪の花を咲かせる紫陽花が庭の隅っこと額紫陽花がリビングの前にあるが、、ほとんどお手入れなし状態でほったらかしなのにもかかわらず毎年この季節は楽しみ!
王子はお庭遊びが大好き。。。毎日公園で遊んでも朝の水遣り、夕方の水遣りの時間は自分も~~と庭に出る。。蚊がいっぱいいるので、出てきてほしくないけど、虫除けパッチを貼ってもらって私にお付き合いしてくれる。
大輪の花もほっておく訳には行かないので、摘みこんでみた。
私の顔よりも王子の顔よりもずっとずっと大きい紫陽花の花束状になったものを持たせてみた。足元もおぼつかないので重さでうろうろと歩いて、ママにプレゼント!
              yota1653a.jpg
玄関に飾ってみた。。。大きすぎるなぁ~~
王子は紫陽花をさかさまにして箒か?という感じで掃き掃除を始める。。。や、やめて~~(笑)
お散歩してお花を見つけると私が、、見るからか、必ず立ち止まって指差している。きれいだ!って言ってるんかな?
         yota1652a.jpg
おうちの中では妹くんが大声で泣いている。。。気にしないでね。。。とでも思ってるのかな?きにせずお庭遊びの陽太

やっと咲きました!

我が家
03 /31 2016
昨年末に遅くなったかなと思いながらチューリップの球根を植えて、、間に合うかなと思いながら水遣りをかかさなかった。でもちゅーりっぷにとっては極寒の風が必要なのに、しばらく暖冬続きでどうなるやら、、、と思っていた。
ところが、、今年になって寒い日が続くようになって、水遣りは欠かせないものの、、あまりに冷たくてホースの端が掴めないぐらいにかちかちで水遣りもやりにくい日が続いた。
忙しい一日の合間ふと庭を見ると、、な、なんと咲き出してる!頑張ったね!と思わず声かけてしまった。
               maehana1-crop1.jpg
頑張って咲いたね!春だね!
               maehana2a.jpg
猫入らずを置いている網の合間から頑張って突き出てきてくれた!さっすが!今年は猫どのに荒らされないように、、、踏まれないようにしたいもの。。。しかし、、、どこの猫やろ????
               maehana3a.jpg
玄関前の花の寄席植えは年末に買った物、、よくぞ寒さからも耐えてきれいな花を咲かせている
                            そして、
                            そして、
                            そして、
外に出てみると
               maesakura2a.jpg
朝出かけるときは、ピンクのつぼみが付いてるなぁと思って、夕方にはこんなに開花!な~んて早いの?
そんなに早く人生走らなくても~~と思ってしまう。
               maesakura1a.jpg
家の前の桜も沢山咲くのだけど、今日は下の方に沢山付いていて、五分咲きってとこかな?
               maesakura3a.jpg
週末は花見客が場所取りをしながらの花見でにぎやかになるんだろうなぁ~~
あとが大変なんよね。。。何度か市役所に電話して桜の木抜いてください!なんて言ったほど、、、花びらが我が家のガレージ、裏手になる庭、3階の裏手側のベランダまでも花びらが舞い散るんだから、、、どんだけ掃除をする事か。。。。。

桜の季節になると、、、祖母の事が頭をよぎる。桜大好きだった祖母。。。小さい頃は二人で昔すんでいた旭区の城北公園へ花見に行った。桜は命が短く、精一杯美しく生きていく姿が好きや!と。結婚した年には、高槻に住んでいた私と大阪で待ち合わせて造幣局の桜を見に行きたいと言い出した祖母、、、桜の舞い散る木の前に立って遺影を撮って欲しいと、いっちょうらの着物を着てやってきたのにはびっくりしたものだけど、、、それから15年生きたので、随分若い遺影になってしまったものだ。
子供達が大きくなって学校に行きだすと、学校に送り出し、自分の仕事のない時、即神戸に来て、祖母を車に乗せて、芦屋の名所や、夙川の桜鑑賞に連れ出したりした。桜の季節の私の仕事のひとつになっていたかもしれない。
祖母は今も天国から桜をきっと見ていると思う。。。

祖母の事も思い出すけど、、桜は辛い思い出も出てくる。震災で家が焼失していよいよ焼けた家の解体の日、更地になっていくブルドーザーと公園の桜の桜吹雪があまりにも不釣合いであまりにも悲しく辛かったか。。。桜も舞い落ちながら惜しかったね。。。とでも言うかのようにどれだけの花びらを落としてくれたか。。。

そしてもう一つの辛い桜の思い出は、、、、
急性骨髄性白血病で倒れた母に、頑張って抗がん剤治療したお陰で「桜が咲く頃には家に戻れますよ」と言われるまでに回復してきていた。
どれほど桜の開花を待ったことか。。。でも3月19日700人分の血小板輸血をしたアレルギー反応などが出て命を落とした。
葬儀を終えて、しばらくして桜が咲きだした頃、遅いよ!と言ってしまった。

公園の桜は11本、、、毎年、震災前も震災後もかわりなく花をつけてくれている。全部みているんだろうか??

続きを読む

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪