ありがとう!これからも・・・

ずっとずっと・・・どこかで投げて欲しい桑田くん!

東京ドームで行われたファンフェスタに桑田君が登場!
今日が18番のユニフォームを着る真澄君の最後の日!
うぅ~~~~!どれ程がんばってくれてたか、、どれほど楽しませてくれたか
最後まで投げてくれてありがとう!

野球が好きで巨人が好きで投げる事が好きな、一番似合う真澄!
ファンのために広いドームを回ってファンと握手して歩いてくれた。
お疲れ!
サンキュー!
これからも、、、
どこへ行っても
頑張れ~~♬♬
MASUMI!
頑張れ!

今日のコメント
『今日限りで21年間、ともに歩んできた18番とお別れすることになりました。球団関係者、歴代の監督、コーチ、チームメイトたち、裏方さん、大勢のライバルたち、そして心から応援してくれたファンの皆さん…
たくさんの人たちに支えられながら、全力で闘い、このエースナンバーを守ってきました。
18番、桑田真澄の野球は心の野球です。
今はただ、感謝の気持ちしかありません。
さようなら。
そして、21年間本当にありがとうございました。』

21年間応援できてよかった(♛ฺܫ♛ฺ)ありがと!おおきに!
スポンサーサイト

虎仙会になぜかG党が。。。(笑)

いつもの茶店のママから☆野SDのファンクラブ「虎仙会」のパーティーにお誘いを受けた。
うちのじいちゃんはすでに虎仙会のメンバーだから出席するというのは数ヶ月前から決まっていたのだけど、SDのマネージャーさんの計らいで茶店のいつものメンバーのために50席用意してくださってると言う事で、その席が3名余ってるから参加してと言われた。
えぇ~~(◎-◎;)G党の私が虎集団のパーティーに~?
思わずびっくりしたけど、娘達も行きたいというので急遽参加させてもらう事になった。

700名近くの熱いファン達、メンバー達が舞台前の上座の席に陣取っていた。。。メンバーでもない私たち茶店の常連グループは末席に近かったけど、正面のいい席だったので、SDはじめTガースの選手の顔がよく見えた。

赤☆、金○、藤○、矢○、とSDとコーチが舞台に上がり、挨拶した。
その後選手達は各テーブルに降りてきてテーブル毎の写真撮影。

他の席の方は席で待つようにと言われたけど、待ってられない。。。近くまで行って携帯とカメラに収めた。
選手たちは球団の賞品なのでネットに載せる事は控えて、一部友達にはメールで送った。

そうこうする内に、常連客の一人の男性が「藤○と赤☆がサインしてるわ」というので見ると人が群がっていた。
おばちゃん根性丸出しでテーブルを掻き分けるように近づいてサインを並んだ。

並んでいて「何で私が~?」と不思議な感じだったけど、赤☆くんの素朴な親切心には驚かされた。
一生懸命書いてくれるのだ。
選手は舞台に戻るようにアナウンスがあっても並んでる人のために一生懸命書いてくれた。
私の手前の人で「選手は元に戻ってください」とアナウンスがあり、戻ろうとしたけど、「赤☆さん、お願いします」と色紙を差し出すと「はい!」と振り向いて書いてくれた。
いい人なんだなと思った。

藤○も恥ずかしそうにしながらも客の願いには結構答えてくれた。
マウンド上で見ると憎たらしく思うけど、試合がなくて背広姿でいるとホントにいい人たちという気がする。
kosenall.jpg

パーティーの後半、抽選会になり、一番に当たったのが、な、なんと、、、、

・・・・・

うちのじいちゃん!えぇ~~?(◎-◎;)

思わず茶店のメンバーのテーブルから拍手が・・・

でも本人は他の集まりがあるからと10分前に退座。。。代わりに私が受け取りに行く事に・・・・ラッキー!

色んな賞が次々に選ばれ、、、その後半「小○次女さん」と呼ばれた。。。。

下の娘だった\(^o^)/

矢○が提案したというスポーツグッズ、、使い方のDVDや持ち運びの袋まで入っていた。
娘が壇上にあがり矢○から渡される瞬間の写真が撮りたくて、、、私も壇上に・・・(。→∀←。)キャハ♡ (。→‿←。)キャハ♡

ミーハーな家族のミーハーな一夜だった。

帰り際、金○がそばを通ったので、「金○さん、今日はありがとうございました」と右手を差し出したら、ニコッと握手してくれた。。。

赤☆にも金○にも、「来年はぜひGアンツのユニフォームを~」の一言は言いたくても言えず、、、みんなで六甲おろしを歌ってお開き( ̄□ ̄|||)がーーん!

小さい頃からよくピアノで弾かされた曲!あぁ~懐かし!ヽ(`Д´)ノ

高齢者施設で。。。

神戸市にある養護老人ホーム、救護施設、ケアハウスが一緒になった福祉施設に見学研修に行った。
神戸の須磨の近くにある「板宿」という町にある福祉施設。

私の職場に現れる人たちは60歳以上で80歳の人も数名いるけど、みんな色んな病気をかかえながらも元気に自分で動ける人ばかりだけど、ここの施設の人はどんな感じなんだろうと思って出かけた。

養護老人ホームは65歳以上で心身機能の減退などで日常生活に支障のあるひとで居宅で生活が困難な方のためのもの。
救護施設は65歳未満でも心身機能の障害により日常生活が出来ずに居宅で生活するのが困難な方のためのもの。
ケアハウスは60歳以上の方で自炊が出来ない程度の身体機能低下があったり、高齢のため独立して生活するにはふあんがあり、家族の援助を受けれない人のためのものという事だった。

養護と救護は役所の保健福祉かが許可すればいつでも入れるがケアハウスは部屋代がいり、保証人のある人であれば入る事が出来るとの事だ。

ケアハウスは個室が与えられているが、他の施設は2人部屋だった。
老人同士の喧嘩とかはあるのですか?と聞くと、長い人生を歩んでこられた方々なので、頑固で自分をもっているので結構頻繁にあるのですよとの事だった。そりゃそうだろうなぁ~~

入居者の中に付き添いさんかなと思える様な、ここではかなり若い人がホールに座っていた。
彼女は42歳で入所してきたと聞いてビックリ!
どんな心身障害があるかは知らないけど、家族に連れてこられたのだろう。

15年後には国民の3割が高齢者になるという事だから、こういう施設もすぐに満杯になり、サービスもどんどん落ちざるを得なくなるのだろうなと感じた。
それに女性の方が長生きらしい

館長さんが「転倒だけが一番怖い!転倒して1ヶ月寝込むと大抵の人は足がたたなくなり、そのうち認知症も出てくる」と話してくださり驚いた。
寝たきりの認知症になると当然オムツ生活。。。。そして便秘(≧ε≦)
そうなると特別養護老人施設に入らなければならないらしい。

そういえば私の祖母も階段から滑って入院し、3年間の間に足も立たなくなり、無理に立って骨折。。。そのまま寝たきりになった。
祖母はなくなるまでボケる事がなかったが、逆にそれがかわいそうだったかもと思う。

いずれは自分達の親の問題でもある。こういう施設で余生を送るのはどうなんだろうとも思うけど、世話をする自分達も心身疲労を起こすようになってしまったら、その道もありかなとも思う。
日本の場合、まだまだ難しい問題かもしれない。

ここで楽しく文化活動したり、スポーツしたりして過ごす人も多い。
器用な方はいろんなものを作ったり、民謡を歌ったりして一日を過ごすらしい。

帰り際に和紙で作った箸置きをお土産にいただいた。
可愛い手作り・・・大切にしたい。
hasioki1.jpg

ゴルフコンペ終了

お天気が気になったけど、秋晴れの雲ひとつない広いゴルフ場でのコンペが終了した。
幹事だったので、前日から準備や打ち上げ懇親会の設定準備、成績発表、馬券の計算などなど、、お願いする人に最終連絡したりして、、練習もしないまま、ほとんど寝ないままにゴルフ場へ。。。

今日はアリ友から貰ったゴルフクラブでの初コース!
初めてゴルフバックというものをキャディーさんに渡した。

前回のコンペの時は布で出来た3本程しか入らないバックだったので、カートの後ろに乗せるのにも結構みんなに迷惑をかけたけど、今度はしきりもしてあるバッグで何だかゴルフプレーヤー気分(なんのこっちゃ!)
でもキャディーさんに「名前がないけど、このバックですよね?」と言われびっくり!
みんなネームプレートみたいなのをつけているのだ。
私は。。。紙の旅館用のみたいなのを貼り付けられた(≧ε≦)

コースは上手な人にとってはやりにくいコースらしく100でまわらなければ池に入るというもの。

下手な人や女の人にはいいと言われていたのに、前半の成績は最悪。
アリ友でありゴルフのネット師匠でもあるK姫にメールしたら、笑われてしまう様な成績!
でも、、、後半巻き返しで『大波小波賞』というのを頂いた。

ゴルフ場はバブルの頃に建てられたという兵庫の東条湖近くで、ヨーロッパのお城を思い起こさせる様な素敵なクラブハウスがつき、浮島に向かって打っていくという、私にとっては考えられない難関度100%のコース。
ただ、お天気はいいし、紅葉は最高の状態だし、、景色だけでも堪能できた。

森の中の様なお風呂に入って、速効帰宅。

打ち上げ懇親会の司会という事で少々緊張{{{{(+_+)}}}}
賞品は☆野SDが色んなものを提供してくださったので、選び放題!
結局私はSDのサイン入り帽子とNYメッツの人形が当たった「えぇ~~~~」と思いながらもありがたく頂いて帰った(笑)
他の順位の上の人達はSDの頂き物のブランドの食器とか、ネクタイセットとか、魚沼産の米とかが当たっていた。
ogakonpe1.jpg

お開きの挨拶をしてから、や~~~っと幹事解放!
や~~~~っと疲れがドドッと出た気分だった。
ogakonpe2.jpg

もちろんゴルフ場で携帯を鳴らすわけにもいかないし、貯まったメールや電話の処理!
あぁ~~~しんど!

でも一夜明けて。。。思ったこと。
☆一に練習、
☆二に練習、
☆三も四も練習・・・・
☆五に。。。。。。その日の運かな・・・・

ほんのちょっとだけ楽しくなってきた。
私よりず~~~~んと年上の方達で、2年前から始められた人が多い。。。。
ちょっとは頑張ろうかなって思った。

次回は。。。アリ友に連れられて関東遠征できるかな?(謎爆)

自称雨女の晴れ舞台(笑)

叔母が能を始めて20年以上になるらしい。
門前の小僧経を読むではないかと思うけど、、、祖父母の能のお稽古に付いて行って覚えて、、始めたらしい。

その能会の30周年記念能舞台が大阪能楽会館で行われた。
叔母は能楽「井筒」を舞った。
1時間以上も舞台に立ち能を舞いながら歌い続ける。
足腰の弱った叔母が重い衣装を着けて舞うだけでも大変なのに面をかぶったまま謡うのは大変だろうなと思った。
no0611a.jpg

彼女は何かあるといつも雨が降る。今日も心配したけど、秋晴れのいい気候になった。
うわっ珍しい!と思うほど空も澄み切っていた。
叔母の晴れ舞台に父は感動!他のお客さんも大感動!

きてくださったお客様にお茶を振舞うと言い出した叔母は能楽堂の2階のホールに釜をおいて立礼席(椅子に座る茶道)を作って約300人の人にお茶を振舞った。
お茶席担当は従姉妹で従姉妹の若いお弟子さんが点前をした。
従姉妹の娘達は15歳から4歳までの4人ともが着物を着せられ、お茶とお菓子を運ぶ役目!
no0611all.jpg

小さい子も任された持ち場を生き生きとした顔で動いていた。
従姉妹達もびっくり!「この子達がこんなに嬉しそうに働くとは・・・」
私と末の従姉妹とは受付担当。。。でもお茶室も気になるし、着物の着付けも気になる私は上がったり下がったりと少し痩せたかもしれない(笑)

夕方の終演時間には夕焼けが美しかった。

カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

bon ami

  • Author:bon ami
  • 私のとっておきのとっておき! 
    ただいま断・捨・離実行中!
    でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク