中島啓江さんからの頂き物♡・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡ ミ(*^▽^*)ノ彡☆

パーティー・イベント
06 /25 2006
今日は私の卒業した短大と大学の同窓会主催の総会が某ホテルで行われた。
shoall2.jpg

普段は大学祭の時のホームカミングデーの中での総会なのだけど、3年に一度は役員の任期の入れ替わりがあり、ホテルとかの広い会場で開かれる事が多くなった。

年代は戦後すぐの卒業生から今年の卒業生までの幅広くいて、親子で来ている人もいる程。

毎年ゲストを迎えてコンサートや講演を聞くのだけど、ほとんど卒業生で活躍している人の中から選ばれる。
ところが今日のゲストはオペラ歌手の中島啓江(けいこ)さん!
shonakajima1.jpg

見た事があったけど、オペラ歌手だというのもはっきりは知らなかったし、歌ってるのをテレビなどで聴いた事もなかった。

学校との関わりはというと、彼女は震災後始まった神戸のルミナリエでバック曲を歌う仕事を縁に、うちの大学のチャペルが結構音楽家の間で評判らしいのだけど、そこで震災追悼コンサートを開く事になったというのだそうだ。

大きな人!というのが一番に感じた。
でもその大きな体格の中から出る声は素晴らしく迫力があって、感動させられてしまった。

彼女はある人から、自分のこの大きな体には沢山の音楽と心と、愛と夢が溢れているって言われて、歌を通して世界を愛でいっぱいにしたいと思ったと話していた。

また、彼女の話の中に日本人は差別は出来るけど、区別が出来ませんねというのがあって、なんとなくそういえばそうだなと感じた。

歌は『海』、『赤とんぼ』、『花』。。と日本のクラシカルな曲から、『オー・ソレ・ミーオ』、『見上げてごらん夜の星を』、と私達の座ってるところまで降りてきてくれて熱唱!
shonakajima2.jpg

『千の風になって』で母を思ってグッと来るところがあった。
「私はお墓なんかにいませんよ!お墓に来て泣かないでください!千の色んな風になって大空を舞ってますよ」という歌。

彼女もお母さんを3年ほど前に亡くして、どれだけせつないかと言う様な話をされた後の歌だった。

締めくくりに『アメイジング・グレイス』の美しい音色でみんなに感動と癒しを与えてくれた。

地球の裏側では嫌な事がいっぱいおこっている世の中に、同じ音楽家達も沢山犠牲になっている。。。その人の分も心を込めて歌って、世界中の人に音楽を通して愛を伝えたいと話してくれた。

コンサートの後は食事!
300数名の出席者。。。女子大だからほとんどがお○ちゃんから、お姉ちゃん!教授陣は7割が男性。
sho4.jpg

でも、卒業生の中に一人だけ男性が!以前キリスト教学科というのがあった時の卒業生だという事。黒一点でおば様方と話の花を咲かせていた。
syo3.jpg

素敵な曲を聴いて心はすっかり癒されて戻ってきた。
sho3.jpg

で。。。。

とあるスーパーで見つけた3年物の土付きらっきょ!

買ってしまった(≧ε≦)

先週漬けたらっきょとは違って小ぶりで、、、らっきょ好きの私には蜂蜜たっぷり入れて小ぶりくんを作るため。。。涙を流してらっきょ剥き!

あぁ~~~涙の多い一日!(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪