偶然の重なった素敵な席

生活全般
07 /15 2006
今日は。。。道頓堀の松竹座でやってる『坂田藤十郎』(扇千景議員の旦那、中村玉緒のお兄さん。。。上方歌舞伎の国民的、世界的役者)の襲名披露のチケットをゲット!
行きたい!って事で昼からの仕事も気になったけど。。。観劇を選択!(当然の事ー笑)
歌舞伎に行く時は仕事着を着ていく・・・つまり着物。
sakata1.jpg

すると・・お隣に座った同じぐらいの年の女性から「着物いいですね」と声をかけられた。「暑いけど、暑い時も着ないと夏の着物の出番がなくなるから・・・着てます」というと彼女の仕事の話をしだした。
なんでも彼女は近松文学研究会というのを作っていて、某所(尼崎で・・・元私が住んでたところの近く)で研究所を一般に開放してるとの話だった。
sakata2.jpg

尼崎市は近松門左衛門のゆかりの地という事で近松文学に市が力をいれているのは知っていたのだけど・・・
よくよく話を聞いてみると・・・
母が生前ここの研究所を尋ねて近松作品を踊りたいのだけど、色んな話を聞かせて欲しいとたずねていた事を聞いた。

も~~びっくり!

母は亡くなる直前にも尋ねて、近松作品を舞踊にして尼崎の舞台で広めたいというので、彼女にも色んな話をしていたらしい。
こんなところで、、、こんな話を聞くなんて
会場に母が座ってる?って錯覚するほどの気持ちになった。

そして・・・ず~~~っと話していたら、尼崎には近松応援団というおばちゃんのグループがあって、文楽を研究している凄いグループなんですよという事を聞いた。

それって・・・ひょっとして・・・
Yukkoの彼氏さんのお母さん?

えっ?
ひょっとして。。名前は?

。。。。。

、、、、、

。。。。。

やっぱりそうだった∑(; ̄□ ̄A アセアセ

何だか奇遇というのか、何でこんな出会いが出来たんだろうと二人で話してから・・・家に帰ってきた。
帰って、晩御飯を食べて・・・
PCを開くと・・・
Yukkoがメッセに入ってた。

夜だけど、あっちは朝「お母さん、おはよ~~」
「いやいや、、、もう寝るねんで、こっちは」(笑)

その話をしたら・・・
ガビ~~~~ン
なんて事~?
私もわからん!

ホントに凄い凄い・・・素敵な出会いの席だった
すご~~く素敵な一日をもらえた!

歌舞伎の出し物も藤十郎さんの息子さんとお孫さん(15歳)の連獅子の毛振りのシーン・・・涙が出そうになった。
若いっていいなって・・・感動!
たぶんいい役者さんになるだろうなって・・・
sakata3.jpg

こんな一日がたまにあるから・・・頑張れるのかもね?

そう思わない?昨夜連続メッセした方々(笑)

あっ、えせやんさんのところでみた『今井』に行きたかったけど・・・時間なくて冷めた弁当食べたよ~~ん(笑)

ホンマ、おおきにの一日だった!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪