マダム・バタフライ・・・・感動(PД`q。)

クラシック音楽
07 /16 2006
芸術文化センターの監督の指揮者佐渡裕さんのプロデュースによるオペラ「蝶々夫人」のコンサート・チケットを佐渡ラーのKさんからわけてもらったので、友人と鑑賞にでかけた。
席は節約で超低料金席なので、、、3階席で、穴倉を覗き込むように舞台を見る。
sadocon2.jpgsadocon1a.jpg

蝶々夫人は長崎のグラバー邸に住む悲劇の女性というのは知っていたけど、オペラでみるのは初めて。
作曲者のジャコモ・ブッチーニは一度も日本に来たことがないというのに、どうしてこのオペラで日本の感性を描けたのかという展示があり、彼に当時の駐在大使夫人の日本女性が日本の民謡や、唱歌を通して教え込み、それに感動したという事が書かれてあった。
明治初期の話で、舞台は長崎。

アメリカ海軍中尉ピンカートンと困窮の中で芸者として武家の家族の生活を守っていた長崎の少女、蝶々との恋愛の物語。

男性の方は遊びが半分、少女は一途に彼を愛し、果てには捨てられて、自らの命を絶つ話なのだけど、当時の長崎では少女がこういう悲劇に逢う事が多く、それを原作者の妹がその悲劇を原作者のべラスコに送ったという事だ。
sadokonbutai.jpg

3時間に及ぶオペラを見たのは初めてだし、オペラとかミュージカルというのもそれほど感動した覚えがないのだけど、、、3時間立ちっぱなしで演奏する佐渡さんにも感動したけど、蝶々夫人役のソプラノ、その下女役の透き通った声に感動した。
sadocon2a.jpg

2幕目からは哀れな蝶々夫人、それをかばう下女のいたいけない会話の流れに、、私の涙は止まらなくなって、、どうしようかと思った。
こんな事初めての経験で、、、びっくり。
カーテンコールの間中、、涙、涙、涙。。。
ウルウル状態がかなり長く続き、場内が明るくなると恥ずかしくなる程だった。
でも、、、みんな泣いていた。

いつもの様に佐渡ラーさんと一緒に佐渡さんのサイン会に並ぶ事に。
佐渡さんに、YukkoがNYに行きましたよ!と言うと、フルートの子が?という風に聞かれた。
sadocon1.jpg

昔、フルートにサインをしてもらった事があるので、、、覚えてたみたい(かな?)で「どこ行ってるの?」と聞かれた。

「マンハッタンの・・・」と言うだけで、Yukkoの学校名を言われた。。。「夏期講習だけなんですけどね・・・」と言うと
頑張ってねと親の私に握手・・・汗だくの私の手。。。
悪かったなぁ~(笑)

パワーもあるし、ファンサービス満点の佐渡さん!お疲れ様!
&ありがとう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪