敬老の日

家族
08 /31 2006
ーーーー9月15日が敬老の日なのは2002年まで。2003年からは体育の日・成人の日と同様の移動祝日になり、9月の第3月曜に設定された。
元々は1954年に「としよりの日」という名前で制定されたらしいが、この名前はちょっとひどいのではないかということになり、1964年に「敬老の日」に改められた。そして1966年に国民の祝日となった。

さて、老人というのはだいたい何歳以上か?という意識調査がしばしば行われ、1993年の総理府調査では「70歳以上」という意見が57%であったらしい。老人福祉法の規定も70歳以上となっているーーーー

昨日は一日豊中の家の整理で、帰りにロマンチック街道(全然ロマンチックじゃないけど、こんな名前がついている道と近所では言ってる)沿いにある「sossh」という花屋で我が家の「じいちゃん」への花、仏壇の中にいる「おばあちゃん」「ブーバーちゃん(私の母)」への花束を買ってきた。

朝から、整理してきた荷物の整理、家の中のいらないものの整理・・・こんなにもいらないものの中で小さくなって住んでたのと思う程の。。捨てきれない、捨てたくない思い出の品を「時代は変わった!」なんて思いながら捨てた。
大事なものがなくなると結構、スパッとなるというか・・
そのため。。。お疲れだ。

食器も2軒分あるので、、貰ってもらったり、捨てたりしなければいけない。
マイミクのはなこさんも協力してくれるみたいだけど。。。(笑)

食事を作る元気もなく、「じいちゃん」を敬う気持ちいっぱいなのでみんなで北野の異人館どおりまで食事に出かけた。
和食のお店で、、、『敬老の日なんで、来ました』とお店の人に言うと、調理場さんから鯛の器に入った鯛まき赤飯の差し入れがあった。
rikyutai.jpg

笹の葉に鯛の蒸し身をのせた赤飯が包まれていて美味!

他にも色んなものが運ばれてきたけど(それは他で載せるとして)虫かごに入った様な秋の味覚が可愛くて、思わず「何だろう。。」と当てっこ
rikyumusi1.jpg

菊の器に入ってるのがホタテの明太山芋和え、茶蕎麦を毬栗風に揚げたものなど、、、手が込んでる。。。
rikyumusinaka.jpg

お腹はもうはちきれんばかり(≧ε≦)

ちょっと文句タラタラ風だった我が家の「じいちゃん」も美味しかったと満足そうだった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪