荘厳なコンサート in 東大寺

生活全般
10 /22 2006
todaijilive1.jpg

東大寺復興を導いた大勧進重源上人の800年御遠忌を記念して『NATURE LIVE ~夢人ユメジン~ in 東大寺 Collaborated with 千住 明」というコンサートが開かれた。
舞台は東大寺の本堂の前に特設されたものでバックには大仏様がデ~ンとこちらを見つめてくれている。
その前には紺のイメージの服を着た中国交響楽団付属少年少女合唱団や赤のイメージの服の大阪すみよし少年少女合唱団総勢100名が並び若い熱気がムンムン。
todaijilive2.jpg

まず、東大寺の僧侶達の厳かな祈りの大合唱から舞台は開き、その後から谷村さんが久々に登場!

東大寺の前の芝生はいくつものブースに分けられていて、こんなに広かった?と思える程舞台の人達が小さく見えたのだけど、目の前に大画面のモニターが置かれていたので、ホントに久しぶりのちんぺいさんを間近で見る事が出来た。
todaijitani.jpg

コンサートのテーマは「夢を持つ全ての人」。
重源上人が大きな夢として、穢れのない小さな子供達100人のお経を捧げたいという思いを、若い100人の少年少女の歌に重ね合わせたテーマ。

東大寺は奈良で一番好きなところ。
でもなかなか来る機会がない。若い頃元彼くんが奈良の人だったので何度か連れられてきたり、日本ユネスコから外国人招待に参加した時に来たぐらいで、最近になって友達と来たり、Yukkoと燈花会に来て、ますますこの寺が凄いなと感じた。
奈良の町自体が京都とは違った、古都の侘び寂びを感じる

その寺の芝生に座るというのに何か不思議な感じがした。

それに、地面に座って見るコンサートなんて。。。冷えるだろうなぁ~って心配でもあった。
昨年の円山音楽堂でのコンサートが冷えて、冷えて大変だった経験から、みんなで座布団やブラケット、ジャケット、セーターなど大荷物で来たのと、芝が伸びていて案外フカフカで想像していた寒さはなくて助かった。

駅や電車内でもどこに旅行に行くの?と思える程の荷物を抱えてる人を見ると「きっとあの人たちも行くんだよ」とすぐ分かった(笑)
todaiji3.jpg

鹿の横で長蛇の列で少しでもいい席をと思いながらいい席に座る事が出来た。

ただ。。。。

後ろの。。というか同じブースの人たちのマナーの悪さには閉口してしまった。
歌うは、喋るは、飲食禁止と言われてる場所で家から入れてきたポットの珈琲を配るは。。。

おいおい!って感じ。年齢層が高い人が多かったのか、トイレに立つのはいいのだけど、戻ってきた人を大声で呼ぶし(;´▽`A``
「ママ~~!ここやでぇ~~~!」(爆)

谷村さんが結構ボソッとお話するので、大声あげられると聞こえないヽ(`Д´)ノ

ちょっとなぁ~~のまわりだったけど、、、、コンサートそのもの、背景、舞台は最高で、、、癒される曲ばかりで感動だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪