大阪城が舞台に!

歌舞伎・日舞
10 /21 2010
ず~~っと行きたかったけど、、なかなかチケットを取るのも面倒で行けなかったが、一緒に仕事をしている人のお友達がホテルニューオオタニにお勤めで、中村座ご一行の宿泊先でもあるので、チケット取れますよと言ってきて下さった。
ホテルのコック長と中村座がファンのために作ったお弁当付きというので、お願いしていたら、やっといい席が見つかったという事で昼の部に行って来た。
pagenakamura.jpg

歌舞伎となると着物と思うのだけど、、出し物で帯も色々決めたいのだけど、今日は生憎の雨模様。。。。。
どうしようかな???と考えていたけどどうやら雨もそうひどくなさそうなので、昨日のレッスンで着た着物を大急ぎで着て出かけた。

舞台は大阪城内の西ノ丸の特設会場

桟敷、座布団席、椅子席、2階席に分かれていて、私は椅子席で、前の人はお座布団に座っているのでとても見やすい席だった。

出し物は「熊谷陣屋」。。一の谷の合戦後の須磨での舞台。。ちょっとホロリ!
2幕目は「紅葉狩」。これはあまり興味のない中村獅堂と勘三郎さんの長男勘太郎さんの舞台。
短い舞台だったけど、これの見所は、最後に後ろの背景がパッと落ちたかと思うと外の風景、、、そう、大阪城の天守閣が舞台から見え、最高の借景になった。

3幕目は「恋飛脚大和往来」「封印切」。これは「梅川・忠兵衛」という、母がよく文楽劇場で舞った悲しい物語。

1幕目が終わるとホテルオークラからのお弁当が届き、正に幕間弁当、、、お芝居が始まっても食べていてもOK!
pagenakamulun.jpg

でも特設会場なので、椅子がとても悪い、、、腰が痛くなってきた。
前の席の座布団席の人もしんどそう!
周りの人も「お尻痛い!」と何人かが言っていた。

お芝居が終わり、なんか、ゆっくりお茶がしたくなり、リーガロイヤルまで行き、滝の流れる「メインラウンジ」でお抹茶&和菓子のきんとんで、ちょっと気分がリラックスしてきた。

ホテルのロビーでは『ショパン』の作品の展示があり、我が家の古い楽譜も負けてないなぁというぐらい古い楽譜や手書きの音符を見た。

rigawagas2.jpg  rig1.jpg


わぁ!5時!慌てて帰宅。。。夕食作り(お腹いっぱいなのに。。。)して、案の定仕事もたまり、、ヤレヤレの一日だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪