初釜第二段

茶道
01 /20 2015
裏千家茶道の淡交会南大阪支部の初釜が大阪天王寺区の生國魂神社の玉秀庵で行われた。
叔母、叔母の生徒さん、私の友人と5人で参室。
叔母は古くからの茶人という事で、どこの茶室でも正客。叔母も年老いて正客のお役目はきつい気がするが、お茶の世界はこういうものなので、とにかく叔母がいつも座らせられる。
          hatugamaikuda1.jpg
                  画像は生國魂神社のHPより
事務局の方が叔母の顔を見て、先生を待たせる訳にはいかないと、そんなに待つこともなくお茶室に入れて頂いた。
本来なら初釜は待合で2時間以上は待たなければ入れないのに、ありがたいこと!

まずは花びらも知ならず紅白きんとんのお菓子を別室でいただき、濃茶席に通された。濃茶席は男性陣が袴姿で点前、運び、後見役を務めていてビシッとした感じがする。
          hatugamaikudacat1s.jpg

次に薄茶席、ここは華やかな女性たちがおもてなし。。。ここでは写真撮影などなかなかできない。。。残念。

点心席は生國魂会館の会議室でいただくことに
            hatugamaikudacats1.jpg
これは豊中にある翠徳亭のもの。
帰りはお参りを済ませてから、生國魂神社のおなじみの福豆を買って帰ることに。。。
            hatugamaikuda2.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪