平成中村座 大阪城公演

またまた更新の遅れているものの一つ、、、というかこれを鑑賞しに行った時は毎日外出でへとへとだったとき。
中村勘三郎さんが続けてきた平成中村座と銘打った、江戸の芝居小屋をイメージした舞台、勘三郎さんが亡くなられてからは途絶えた時期があったがやっと5年ぶりに大阪城の西の丸公園に臨時小屋が出来て旗揚げした。
                     heiseinakamona.jpg

              heiseinaka1a.jpg

弟が声をかけてくれて、弟の友人の方がチケットを回してくださった。待ち合わせて小屋にはいると、そこはもう江戸の小屋風で私の席は座布団席。。
                 heiseinakacats1.jpg

舞台を見て勘三郎さんが残したものがちゃんと息づいていることを感じた。鬼界ヶ島に流された「俊寛」はいろんな人のを見てきたけど、あまり好きな演目でなかった。暗いし、衣装も汚いし、、、、でも橋之助さんの俊寛には泣かされた。
俊寛を見て涙をながしたのは初めてかもしれない。
次の演目、谷崎潤一郎の創作歌舞伎の「盲目物語」では勘九郎、七之助兄弟の一生懸命さに涙!早変わりあり、役者が客席に降りてきて、そこでチャンバラあり!さすがに江戸時代の小屋を思わせる演出が素晴らしかった。
最後に舞台の背景の幕が割れるとライトアップされた本物の大阪城がくっきり!
                  heiseinakacats2.jpg

どよめきがあったかと思うと、そこに勘三郎さんの姿が映し出されてまるで座っているかのよう。
ちゃんと芸が息子さん達に受け継がれてることを感じてまた涙!幕が閉じたのでさぁ帰ろうとしたら、、、まさかのカーテンコール。歌舞伎でこんなの初めて。計3回出てこられて、最後に勘九郎さんがご挨拶!                                                                
...
弟の友人という人はお仲間と一緒でちゃんとお着物姿で来ていた。歌舞伎が大好きだそうだ。弟は学生時代からの友達だけど、歌舞伎好きというので話が合うと言っていた。
                            heiseinakamae2a.jpg

彼女はご親切にもお弁当を買っていきましょうかと訪ねてくれたけど、毎日外食続きの私は、もうお弁当とか、外食とかたまらなくなって、、、お弁当を作っていく事にした。。。もちろん前日の残り物とか冷凍保存していたものを詰めただけだけど、、、これがまぁおいしく感じた!
やっぱり、、海外旅行にでも出ない限り毎日外食は1週間しか無理だと感じた。
                     heiseinakabento-crop.jpg
自分のお弁当にごちそうさま!という気分!そして勘三郎さん、、、どこかでみていただろうな!息子さん頑張ってますよ!と心で思った。
たぶん、、、
歌舞伎好きの母もこの小屋のどこかに席をとって観ていたのかも~~なんて思った。
こんな時間に感謝!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bon ami

  • Author:bon ami
  • 私のとっておきのとっておき! 
    ただいま断・捨・離実行中!
    でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク