雛茶会

茶道
03 /02 2016
足を骨折されてずっとお休みされていた方が、まだ正座は出来ないけどお茶がお好きなので復帰された。
初お稽古は2階の茶室にあがっていただくのも申し訳ないので、1回のリビングをちょっとアレンジしてみた。
            cha33a.jpg
先ずは私の手作りの立ち雛さんを正面に置き、桃の花を飾って待合風に~~
               cha34a.jpg
どうかな?ただのテーブルの上にお釜という感じだけだけど、、、、
空間超越していただいて、これを和室の一角畳の目にあわせた位置にしているのだけど、、、
               cha38a.jpg
まずはお薄からお稽古されるとの事
抹茶茶碗は赤坂サカスの中の和小物の店で見つけたもの、、とてもいいとの事。本当はお雛様の茶碗を出したいところだけど、たまたまリビングで普段使いで置いていたものが喜ばれるとは~~
お棗は中国産の堆朱の中棗を使い、塗りの茶杓、銘は『春告げ鳥』
場所的にわかりにくい感じだったけどお上手に扱っておられた。
               cha32a.jpg
お菓子は鶴屋吉信製の桜餅と雛あられ、五郎丸の干菓子。。。甘いけど美味しいと喜んでいただけた。

今日のお干菓子は名前で有名になってる五郎丸の干菓子、、これは今の季節にぴったりの色あわせ。
                  cha35a.jpg
ひなあられも共に~~~
そして


お濃茶もされたらどうかな?と挑戦していただいた。二つ置き長板のお濃茶点前
お濃茶の位置、仕覆の位置など、結構長板は決まりごともあり、ゆっくり丁寧に取り組まれていた
                cha36a.jpg
先ずは正面に置いてお茶入れ、茶杓を清めるのだけど、、この並んだ感じがとても重厚な感じ
ゆっくりとお茶を練っていただいてこの出来上がり!
                cha37a.jpg
お練加減は茶筅についたお茶でわかると言われるけど、、確かに美味しそう!
お練が結構ポイントで、練が足りないと甘みが出ない。。。
誠に美味でございました。                
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪