祇園まつり。。。

京都
07 /18 2016
祇園祭りのシーズンになると何となく茹だる様な暑さを感じる日が多い
家の中にいても外にいても暑いのは一緒なんだけど、京都は特に蒸し暑くて日差しが強い気がする。
それでもやっぱり、祇園ばやしのコンチキチンは生で聞きたいと思う。
娘のお友達が家に来るというので、ゆっくり楽しめたほうがいいかなと私一人電車で京都に向かった。
           gioncats3.jpg
まずは菊水鉾に向かった。ここではお茶室が開催されていて、今日のお当番は表千家

丁寧なお点前を目の前で見ながらいただく、菊水鉾のお菓子。
            gioncats2.jpg

四角いお茶菓子は羊羹に見えるけど、 菊の露(したたり)を飲んで不老長寿となったという能楽の曲『枕慈童(まくらじどう)』に ちなんで作られた、亀廣永(かめひろなが)の『したたり』という和菓子で、黒糖の寒天で、私の大好物。
            gion165a.jpg
20歳の頃はこの菊水鉾のお茶席で点て出しをして、お運びをしたものだけど、当時は暑いとかしんどいとかという思いはすっかり忘れていて、ただお茶を飲みに来られるお客様に粗相のない様にお出しする事に緊張していた事は覚えている

お茶席の後、外は真夏の日差し、菊水鉾に上がって見学していってくださいと言われたけど、、何度も行ってるし、、
今回は、、、山鉾巡行の時に先頭を走る長刀鉾に行ってみた。遠くから見ても長刀が光ってかっこいい!
             gion1613a.jpg
暑い京都を昔は浴衣で闊歩していたものだけど、今は昔よりかなり暑くなっているのもあるし、こっちも年齢を重ねてきているのもあって、目的が済んだら即電車へ!
そんな行き方でも、、ちまきも買えたしよかった、よかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪