夏の終わりのお茶タイム

茶道
08 /31 2016
8月はお盆があったり、帰省や旅行があったりと皆さんの忙しい時期。。
8月最終日に日にちを取っていただいて、盛夏のレッスンのおさらいをしていただいた。 
まずは7月にやった葉蓋のお点前、、、ちょっと大き目の葉がお庭になくて家のモンステラで代用、、、だからちょっと舟がつくりにくかったけど、、何せお稽古、、、形だけでもお稽古にと言われて、最後までしっかり覚えていただいた。この水指しは七夕の時にだけ使うので本当に出番が少ないけど、七夕飾りの様な模様がなんとも好き。。もちろん普通のお水指でされる方もいるのだけど、、、、
気分は真夏。。でも主菓子は高山堂の夏忘れ、お抹茶は川口軒の千代の栄
           sado08all1a.jpg
お濃茶のレッスンは包み服紗にして、普通のお棗でお茶入れを
           sado083a.jpg
そして、今日のお干菓子はお持たせのものを数々、、、でも、お茶の世界ではやってはいけない「包みのまま」という事で菓子盆にのせて、そのままお持ち帰りしやすいように(笑)
           sado082a.jpg
そして、、その後のお楽しみは~~~
暑気払いの遅い版とでもいうのか、、、しばらくぶりにランチをする事に。。。お点前とは違ってうきうき感満載。
私の学校の先輩でもあり、生徒さんの妹さんでもある方とも待ち合わせて、久々のランチは御影の蘇州園
いいお席をとっていただいていたので、、、満足
              sado008all2.jpg
こちらはイタリアンだけど、パスタ料理は敢えてオーダーせずにコース料理にした。

デザートの三種盛りとお茶は、、別席でお庭を見ながらゆっくりとお話に花をさかせて満足
                  sadososyu6.jpg
久々という事でお庭だけでなくお部屋も色々案内してもらう事にした。
生徒さんのTさんは嘗てこちらのお嬢様と同じ学校に通われていたとの事、、、華麗なる世界だなぁ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪