修復展

陶器、磁器、ガラス器の修復
10 /24 2016
豊中の小学校の公民分館で秋の文化祭があり、そこに私達の修復グループが展示させてもらう事になった。
古い小学校ながら歴史があるようで、元卒業生と思われるお年寄りが仕切って準備されていた。」
私達の作品は体育館のど真ん中に展示していただいた。。。。がみなさん、金やプラチナで修復しているのはわかるけど、、他の葉どこが割れていたとか書いて欲しいと言われるほど、、みんな大作が出来上がっていた。
           syufukucats1.jpg
右の一番上のは私の普段使いのカップ。結婚のときにいただいたペアーカップでもう一方もかけているんだけど、、、まずはこれを。
口をつけるところなので、薬剤の多い共継ぎにしないでプラチナ継ぎにした。何だか変だけど、、欠けは消えた。
        syufuku2-crop1.jpg
右が私の作品。。。さてどこが割れたと思いますか?
角も欠けていたので虫歯の治療に使う粘土で欠けた部分を再生して色をつけているけど、、さてそれはどこでしょう。。。

私も手に取らないとわかりましぇ~~ん  
お弁当を校庭でいただいたあと、体育館にもどってお茶室へ。。。。
お裏さんなのかな?お点前は見えない。。。お運びさんだけだった。
             syufukucats2.jpg
こんなに広いお茶室いいなぁ~~~

このイメージキャラクターいったいなんだろう、、、うろうろしていたが、、、
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪