佐渡コン!

クラシック音楽
11 /06 2005
またまた、佐渡さん指揮のコンサートのチケットを分けていただいたので県立芸術文化まで出かけた。
その前にいつものグループの一人石○さんの書展が同じく西宮北口のアクタホールで開かれていたので、先にそちらに回った。
syoten2a.jpg

大作を前に漢字の歴史を感じながら、やさしい筆遣いに癒される気分だった。石○さんは絵も描かれるので情緒豊かな作品になっていた。

その後コンサートまでの時間、みんなで球場近くのお店でランチを取り、そのままホールにむかった。

私達がホールに着くと、すでに佐渡さんは「ボレロ」の説明をされていて、もっと早くに来て聞けばよかったなぁと思った。
おなじみの曲でシンバル、太鼓の音が素晴らしく、、、お昼でもあるウトウトとしかけたけど、曲全体の力強さのお陰で最後まで聞き入った。

帰りがけに近所に住む、旧友のご主人が亡くなられた事を知った。

今のこの瞬間を大事に、今日一日を大切に生きていきたいものだと感じる。
ご冥福を祈ります



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bon ami

私のとっておきのとっておき! 
ただいま断・捨・離実行中!
でも美味しい情報は集めてますので、よろいく♪